『DOWNTOWN 81』俺は俺のラッパを吹け


DOWNTOWN 81


珍しいバスキアの主演映画DVDをメルカリで逐一チェックし、安価で購入した時から俺の未来は決まっていた。娘はバスキアと邂逅し、俺は新たな武器を手に入れた。

フィクションがフィクションに見えないのは、バスキアが普段からバスキアを演じているからで、ビート武がビート武を演じているのに似ているが彼は北野武でもあるというのとはわけが違う。笑 ケバい妖精が登場する御伽噺パートでもリアルに見えるのは、彼がバスキアを演じているのにも関わらず裏表がないという矛盾を常に抱えて生活しているからだろう。

俺は俺のラッパを吹け。人のラッパではなく自分のラッパを吹ける奴はいくらいるのか。自分のラッパをいくつ持っているのか。それで創作は決まると俺のラッパで吹いている。

f:id:sumogurishun:20190210231520j:plain

『ファーストマン』宇宙飛行士の死に様からポエトリーリーディングのダサさまで


『ファーストマン』


「デブは月面着陸の時でさえポップコーンを食べる」

俺は今日、目撃した。おかしくて笑ってしまった。が、月にいる間のIMAX無音状態でも図太く食い続けていた奴を、イーストウッドばりの早撃ちで仕留めた。三発、穴をあけたらポップコーンが飛び出た。なんだ、噛まずに飲んでいたのか。精一杯の配慮ありがとう。でも、音はしていたよ。

「あれから」
ララランドが月に行くのと対比させてリオン・ブリッジスにギル・スコット・ヘロン役でポエトリーリーディングさせている。とんでもない倒錯だ!と興奮したが、アカデミー賞がよっぽどキツかったんだと気付いて少ししんみりしてしまった。笑 このポエトリーリーディングがめちゃくちゃ良いんだけれど、ちょっと滑稽に映しているのが、デミアンのヤバいところというか、やっぱりなっていう。こういう声もあるってのを見せつつ、命かけてその次元じゃねえことやってんだっていう画を被せるっていう。笑 宇宙飛行士の死に様からポエトリーリーディングのダサさまで見せてしまったらアメリカ人は黙っちゃいないだろうと調べれば案の定キレてるっていう。笑 何をやっても人を怒らせてしまうという、才ある人の特徴がここまで出る監督ってあんまりいないよなあと嬉しくなったりする俺。

f:id:sumogurishun:20190209233349j:plain

『会社物語』ハナ肇は石原裕次郎なのか


『会社物語』


クレイジーキャッツ全員集合映画という安牌を市川準はバグらせて撮っている。笑 最後のクレイジーキャッツ全員集合だから、全員が歳でバグっていったのを市川準がまとめたのかもしれない。なぜならだんだんハナ肇石原裕次郎見えてきたというか、だんだんなっていったというか、最後は石原裕次郎だった。笑 最初から石原裕次郎だったのかもしれない。まさか銃を撃ち出すんじゃないかと思っていたら、本当に撃っていたから(おもちゃのピストルでこれほど笑ったのは初めてかもしれない。)俺の慢性虫垂炎の手術痕が開いた。ジャイアント馬場が登場したり、ただではクレイジーキャッツには演らせないという演出もその時のクレイジーキャッツ映画に合っていて、ズラし過ぎてハマる、というよりズラし過ぎて真っ直ぐになるというヤバい人のやり方で作品を作りまくる市川準の、俺しか言っていないけどロリコンでイケメン俳優に意地悪する疑惑のある市川準の(笑)、大好きなおじさん映画はクレイジーキャッツからはじまった!笑

f:id:sumogurishun:20190207001546j:plain



『バスキア10代最後の時』予想屋は競馬場で二度泣く

f:id:sumogurishun:20190205223006j:plain

バスキア 10代最後の時』


元カノの力、恐るべし。独占欲も天才相手だと、果たして自分だけのコレクションにしていて良いのかという疑問を生む。そのおかげでこの映画が生まれたと俺は予想する。笑 競馬かよ。

バスキアがアメフトのヘルメットを被ったポストカードが欲しくて観に行ったが、もらえなかったらなかなか辛かったと俺は予想する。笑 競馬かよ。

予想屋は競馬場で二度泣く」以上のことは説明できないように、彼の作品は説明できない。というより詩的なものは、説明の代わりに詩が存在する。


『まぼろしの市街戦』ケツの話。

f:id:sumogurishun:20190204010722j:plain

まぼろしの市街戦』


ケツでオトして良いんだって気付いた時、戦争をユーモアで吹き飛ばすという行為自体が馬鹿馬鹿しく思えてきた俺は、劇場でこっそり裸になっていたような気がする。こうして主人公と近づいた時に、精神ってものは案外モロいんだってわかった。そしてそのモロさは、モロに出ることで認知される。戦争時には知られることと、知られないことが生活においての全てであり、それを描いた。だからこそのケツでケツ。知り。日本語は、たまに本質に近づく。笑



『荒野の用心棒』ああ、おまえを逃がす時。


『荒野の用心棒』


女を逃がし、その旦那と子供から微妙な顔をされて、俺は物語を進行させるために少なくともお前らは助けてやったんだって空気を出しているクリント・イーストウッドを観れただけで、俺は感動していた。語らないことが男のあるべき姿ってわけではなく、語らない方がこの映画のためなんだって気概がある。笑 これが男なんだろう。

f:id:sumogurishun:20190204004559j:plain


サスペリア 純情編


サスペリアはオリジナルの方が良いって言っているジジイは無秩序なファーストインパクトの連続に欲情し続けているせいで、ルカ版の美しさに気付けていないだけなんだろうなって思っている。サスペリアマガジンを読んでも明らかで。笑 あ、この人たちはずっと取り憑かれているだけなんだ。解放されないんだ、もう。って感じで、一種の不感症で、リバティーンズ聴くならクラッシュ聴けば良いじゃんって言っていた人たちと似ている。


俺は新しいサスペリアから観たからか知らないけれど、もうどうしようもないくらい震えて、前屈みでスクリーンにのめり込んでいた。あ、こんなに美しい映画が今観れるのか(これから先も期待していいんだ)って。コンテンポラリーダンスと裸、エキゾチシズム、政治、が気持ちよく混ざり合い、菊地成孔ばりのフェミニズムミソジニーが倒錯して(笑)、うっとりするほどのフェティッシュにまみれている。こんなの俺ら世代の好物じゃないか。旧サスペリア世代には面白がれないだろうと思う。もう一回書いちゃうけど、サスペリアマガジンは酷かった。笑 前の方が良いと思った自分を正当化しようとするプロの批評家の格好悪さばかり。新しいサスペリアは、あの女優がアレもコレも演じて、それがどうこう…ばかり。ちょっと焦りすぎている。でも、たしかに俺もオリジナル版観る前にブログ書いとけばよかったな。もう一回観るまでこっちに引っ張られてこんなのしか書けないや。正直、新しいサラの美しさが物語を誰よりも引っ張っていて『Volk』が何よりそれを体現している。ってことだけ言えれば今は大丈夫。俺は大丈夫。笑


f:id:sumogurishun:20190203013623p:plain